ごあいさつ



一般社団法人 鶴岡地区医師会 会長

土田 兼史

顔写真

 超高齢化社会を迎えたわが国では、病院医療から在宅医療への転換が喫緊の課題となっています。在宅医療においては、医療、介護、福祉、地域コミュニ ティなどによる包括的な支援が継続的に提供されることが必要であり、その実現には医師のみならず、看護師、介護、薬局、歯科、栄養などとの多職種協働 が不可欠です。一方で、多職種連携、とりわけ医療と介護との連携は十分とはいえない現状が指摘されています。


 以上のような背景のなか、在宅医療の課題解決を目指して立案されたのが、厚生労働省による在宅医療連携拠点事業です。本事業では、地域に多職種連携のコーディネート役としての「拠点」を置き、多職種協働による在宅医療の支援体制を構築し、今後の在宅医療に関する政策 立案や均てん化などに資することを目的としています。


 鶴岡地区医師会は、この在宅医療連携拠点事業を受託し、医師会内に連携拠点事業室「ほたる」を設置するとともに、看護師、ソーシャルワーカー、事務員を配置し活動を開始しました。昨年度は、多職種向けの研修会・意見交換会の企画、開催、ケアマネジャーと医師との話し合いの場を広げるための連携シートの作成、相談窓口の設置、ショートステイ空き情報のホームページでの提供、パンフレットやホームページさらには各種イベントでの広報活動、在宅口腔ケアの普及を目指した歯科医師会との話し合い、行政や包括支援センターとの定期的なミーティング、地域電子カルテNet4Uの介護系への普及などさまざまな活動を行ってきました。


 おかげで、ほたるの認知度もあがり、とりわけ介護系職種から頼りになる存在として認知されつつあります。本年度も事業を受託し、在宅医療が抱えるさまざまな課題が解決できるよう、全力で取り組んでいくつもりです。引き続き、「ほたる」へのご理解、ご支援、ご活用をよろしくお願いします。



スタッフ紹介


スタッフ紹介